Barbour(バブアー)お手入れ方法と実践記録(経年変化)

Barbour(バブアー)

今回はバブアーの気になるポイントの1つであるケア方法についてのお話です。

オイルドジャケットの経年変化を楽しむうえで、注意しなければいけない部分ですよね。

私の実践記録も一緒に紹介させていただきます。

歴史

1894年にジョン・バブアーにより創業。

不順な天候下で働く漁師や港湾労働者に向けて防水、防風性の高い

ワックスドクロスを提供したのがはじまりだそうです。

その後、ワックスドクロスを用いたジャケットは、漁師だけでなく

海軍や王室にも評価されるようになり、英国のカントリーウェアとして

愛用されつづけ英国王室御用達(ロイヤルワラント)の栄誉を受ける。

ハンティングや乗馬といったシーンで着用されることが多く

英国のアウトドアブランドとして更なる支持を受け、様々なモデルが作成される。

基本的な注意点

洗濯して良いの?

汚れたから洗濯機に入れちゃえ!

絶対にダメです!

服はおろか洗濯機まで危険にさらす事になります。

表面にオイルがコーディングされているので、洗剤によってコーティングが

剥がれてしまいます。

手洗いなら良いのか?

良いとは言えませんが、洗濯機が壊れることはないでしょう。

自己責任になります
(バブアーは推奨していません)

匂いを抜きたいなど様々理由があると思いますがリスクを伴います

ちなみに、私も洗ったことがあります。

結果としては、縮みと、不自然な色ムラが気になりました。

クリーニングは?

専門店であれば問題ありません。

バブアーを取り扱う専門店があるので、そちらを利用しましょう

街のクリーニング屋さんでは、オイルドジャケットは取り扱いができないお店がほとんどです。

お湯の使用

表面のオイルがとれてしまう、お湯でのふきとりや、ドライヤーの利用はNGです。

汚れを落としたい。

濡れたから乾かしたい。

というのはわかりますが、基本的にはNGです。

汚れはブラシを使い、乾燥は風通しの良い場所で行うしかないです。

着用時

オイルドジャケットは文字通りオイルが含まれています。

特性上、他のものに移染する可能性があります。

電車や自動車などに乗るときは、注意しましょう。

椅子などにかけておく際も同様です。

ジャケットを裏返し丸めておくこで防ぐことができるので

外出時は迷惑をかけないために、置くときは裏返して丸めることを

徹底すると良いかもしれませんね。

保管

クローゼットにしまう際は、通気性の良いカバーをかけ保管しましょう。

着用時と同じですが、他の衣類にオイルが移るのを避けるためです。

バブアー独特の匂いが他の衣類に移る可能性があります。

気になる方はバブアーのみを保管できるスペースを用意しましょう。

メンテナンスは基本的に何もするな!

ってことですかね(笑)

そういう訳ではありません。

続いてお手入れ方法になります。

普段のお手入れ

ブラッシング

ジャケット表面の汚れや、埃を払いましょう。

オイルが含まれている表面をブラッシングすることになるので

専用のブラシを1本用意することをお勧めします。

スポンジ

水を含ませたスポンジで表面を軽くふき取るようにしましょう。

ブラッシングだけで落ちない汚れを落とすようなイメージですね。

ここでもお湯は決して使用しないようにしましょう。

陰干し

これが重要です。

使わないシーズンでも可能なら実践すべきです。

バブアー最大の敵はカビです。

湿気が多く、何度も洗うことができないためカビには注意が必要です。

風をこまめに通すことで、少しでもカビが生えにくい状態にしましょう。

カビに関して

最大の敵ですね。

カビの原因

その原因はオイルと環境にあります。

表面にオイルが塗ってあるため通気性が悪いです。

頻繁に洗うことができないため、汚れを落としにくいですよね。

そこでオイルが酸化したところに、湿気が加わればカビのための

家を用意したようなものです。

カビ対策

上記のメンテナンスを時間があれば、実践しましょう。

シーズンが終わったら、陰干しし空気を良く通しましょう。

埃や汚れを落としてからクローゼットにしまい、可能であれば

何度かクローゼットから出し風を通しましょう。

クローゼットに関しても衣類を詰めすぎないようにし

ドアを少し開けることで、湿気がこもらないようにすることをお勧めします。

状態によってはリプルーフをしてから保管しましょう。

カビが生えてしまったら・・・

カビの生命力は半端じゃないです。

多少ふき取ったくらいでは、すぐに復活します。

殺菌するには、オイルを抜いて入れなおすのが定石です。

業者にたのむか、リスクを承知で自分なりに方法を模索するか
のどちらかです。

リプルーフとは

オイルを入れなおす作業のことです。

カビ対策にも有効ですが、なかなか難しいです。

しかし、自らリプルーフをすることでさらに愛着が湧くので

実践してみるのが良いと思います。

ざっくり手順を紹介します。

リプルーフのやり方

用意するもの

  • いらない洋服
  • スポンジ
  • オイル
  • お湯
  • ドライヤー
  • ブラシ
  • 根気

できれば外でやるのが良いです。

というのも結構汚れるのと、匂いが充満します。

私は室内で新聞紙を敷いて実践しましたが色々と大変でした。

手順

汚れ落とし(STEP1)

ブラシ、水分を含んだスポンジで汚れを落とします

ジャケットを乾燥させる(STEP2)

文字通りジャケットを乾燥させます。

オイルを缶ごと湯銭にかけ、溶かします(STEP3)
オイルを塗りやすくするための工程です。

ただ湯銭するだけでは溶けません

火のかかった鍋でぐつぐつ煮るくらいでないと溶けません。
ジャケットに塗り込んでいく(STEP4)
布にオイル取って全体になじませていきます

全体に馴染ませた後、細かい部分にもオイルを塗りこみます

わきの部分など、見逃しがないようにチェックしていきましょう
オイルを均一にする(STEP5)

ドライヤーの熱風を当てながら、ブラシや布を用いてオイルを均一にします

ここが結構大変で、根気がいりますが仕上がりに影響するので頑張りましょう!

乾燥(STEP6)

風通しの良い場所で乾燥させましょう

以上がざっくりした手順です。

リプルーフをすることで愛着が加速していきます。

私はしばらく部屋から匂いが抜けず、床からドライヤーまで

汚れてしまいましたが、一切後悔はありませんでした(笑)

匂い

これに関しては、ケアがしにくいというのが大変な部分ですよね。

オイルの匂いもありますが、カビが生えてしまえばカビ臭くなってしまうので

そこだけは注意したいところですね。

一応、方法として油抜きをし匂いを軽減させることが可能です。

ただし、オイルドジャケットの魅力である風合いは損なわれてしまうので

その点に問題がなければ自己責任でやっても良いと思います。

そのくらい匂いって重要ですよね。

油抜き

これは過去に私が実践した方法になります。

他にも方法はあるかと思うので気になる方はウェブで検索してみましょう。

手順としては

オイルドジャケットが洗えるスペース(風呂場、たらい)などを用意

50~60度程度のお湯に大量の洗剤を入れ20分ほど付けておく

ブラシで表面の油を落とします

きれいなお湯の中につけすすいでて、すすぎます

これをすすぎのお湯がきれいになるまで繰り返します

大きなタオルでくるんで水分をとります

くるんだまま洗濯機に入れ脱水

風通しのよい日陰で乾燥

ざっくり言うと、洗剤で洗いすすぐをお湯が綺麗になるまで行い乾かす

です。

私の結果をお話すると、匂いはわからないくらいまでになりました。

しかし、匂いの敏感な人からするとわかるようで完全にとれるということはない気がします。

危険なのはサイズが変わること、風合いが変わる事です

ワンサイズくらい縮んだのでは?と思うくらいでした。

風合いも変わり、色味も変わります。

油が抜けた事で、かなり薄くなるでしょう。

これらに気を付けて行うことをお勧めします。

ちなみに、そのバブアーは知人にタダで譲りました

実践記録(5年)経年変化も

ここからは、私の実践記録です。

これまで紹介した注意点などはバブアー公式も発表しているような内容でしたね。

では実践しているのかというと、全ては行えていません。



実践していることは

  • ブラッシング(帰宅時と1ヶ月に1回)
  • 風通しの良い場所におく(徹底)
  • オフシーズン前に汚れ落とし(スポンジ)

リプルーフしているバブアーもありますが、よく着用する写真のモデルは行っておりません。

まずブラッシングに関しては帰宅時、10秒程度

年1回のスポンジに関しては最近では雑巾です(笑)

オフシーズンは1ヶ月に1回くらい行います

保管ですが、クローゼットに入れません(笑)

1年中風通しの良い場所にかけっぱなしにしてあります。

とりあえず、私の場合これだけでカビが生える事はありませんでした。

匂いは油が抜けてきたせいか、弱くなったような気がします。

色は所々薄くなってきているのと、腕の部分にしわが刻まれました。

袖口やヒップ付近は、擦れる部分なので良い感じにダメージが見られます。

これはこれで油が抜けていく感じが良いので、現状はリプルーフなしで

このまま育てていこうと考えています。

最後に

バブアーを調べると、匂いやメンテナンスなどの不安点が出てきますよね。

匂いに関してはある程度、覚悟しなければなりません。

私はオイルに匂いが好きですが、人によっては苦手な匂いなので不快感を

与えてしまうかもしれませんね。

それでも外にいる時間が多い出先の時など、シーンを選べば着用できますし

形が気に入っているならノンオイルのモデルもあります。

それらを利用しても良いと思いますよ。

ただ、バブアーの魅力は完成された形もそうですが

経年変化です。

これは切っても切り離せません。

是非その魅力にに触れてみてはいかがでしょうか。