スーツと靴の色合わせについて!とりあえず、これだけはNG

2019年11月25日

スーツと靴の色合わせにはNGがある


皆さんご存じですか?スーツと靴の色合わせにはNGがあります。

最初に申し上げますと、本来はスーツの雰囲気やコーディネートによって靴の形を選ぶ必要があります。

ただし、そのためには革靴の形やスーツ、ネクタイのディテールなどを理解する必要があります。

正直、興味がないと難しいですよね。

様々なウェブサイトにも記載がありますが、興味がないと覚えられないし理解しにくいですよね。

ですので、今回は簡単に判別ができるポイント、避けた方が良いと考えるアイテムをお伝えしたいと思います。

簡単にわかる形にも多少触れます。

失敗しない合わせ方の基本

基本的にはスーツの色と靴の色はトーンを合わせれば失敗はありません。

これは失敗を無くす方法であり、そこまで良い組み合わせを選択する基本ではありません。

色のトーンに差をつけすぎない

濃い色のスーツ×濃い色の靴
薄い色のスーツ×薄い色の靴(濃い物もOKだが、例外あり)

このように合わせます。

① 濃紺⇒ダークブラウン
② 紺⇒ブラウン
③ ブルー⇒ライトブラウン

見ての通りですね。

多少のトーンの違いは問題ありませんし、スーツと靴の色が一緒の場合は多少ずらすべきです。

①と③くらいのトーン差はダサく見えてしまう可能性があるので注意しましょう。

薄い色のスーツは濃い靴でも問題ありませんが、ここが、ややこしくなってしまう部分なので、このページではトーンで合わせるという形をとります。

例外がある

黒のスーツに関しては、黒の靴を履きましょう。

黒のスーツは本来フォーマルシーン用でビジネスでは利用しません。

しかし日本では許容されています。

本来、黒のスーツには黒の靴と決められているのです。

黒スーツはフォーマルなので、そこに茶靴(カジュアル)を合わせてしまうとミスマッチになります。

ブラウンのスーツ

ブラウンのスーツはカジュアルな色のスーツとされているので、本来は黒(フォーマル)とはミスマッチでになります。

しかし近年、ブラウンのスーツはビジネスシーンにも普及したこともあり、黒靴でシックに合わせるという提案が増えています。

トーンを合わせるという法則に当てはめると、ダークブラウンスーツ×ブラックになるので、個人的には問題ないかなとも思いますが、本来は避けておくのが無難です。

ベージュのスーツ

ベージュスーツ×黒靴はNGです。

この組み合わせは、一般的にはなしです。

スーツの色がカジュアル強めなのに黒の靴(フォーマル)はミスマッチになります。

しかし近年では、稀に、この組み合わせを押すコーディネートもありますが、スーツや靴の形などに注意する。

という前提あっての合わせ方なので避けておくのが無難です。

以上が失敗しない基本です。

いやいや、ややこしいよ。と自分でも思いました。

まとめると

  • 黒のスーツは黒の靴
  • ベージュのスーツに黒の靴はNG
  • 他はトーンに差をつけすぎない

これだけ覚えておけば、失敗はありません。

避けた方が良いアイテム

今回のメインです。

避けた方が良いアイテムです!

イトブラウンのシューズ

決してライトブラウンのシューズが良くないという訳ではありません

ですが、合わせられるものが少なすぎるのです。

さきほどの基本に合わせると、ライトブラウンの靴に合わせられるスーツの色は、明るい色のスーツのみになりますよね。

ビジネスシーンで利用できるとしたらブルーやライトグレーぐらいです。

さらに色が、茶靴の中でも最もカジュアルです。

靴のディテールを考えなければ、明るければ明るいほどカジュアルになるのです。

例を挙げます。

これが、一番ヤバい組み合わせです。

床の色に近いライトブラウンや、この写真にあるぐらいの靴の色までは、かなり浮くはずです。

まず視覚的に、靴の色が浮いてしまい足だけが強調されます。

黒はそれくらい強い色なのです。


さらにフォーマル度の高いスーツにカジュアル度の高いシューズを合わせるという禁忌です。

知識がない人でも、なんかおかしくない?と感じる人が多いはずです。

ビジネスシーンで使われるスーツはほとんど濃いですよね?


結果、ライトグレーやブルーといった合わせられるスーツを持っていないのであれば、ライトブラウンは避けるべき色だと考えます。


さらに色合いと季節の関係があります。

ざっくりいうと夏は明るいアイテムが増え、冬は濃いアイテムが増えます。

ライトブラウンシューズは冬に使うとコーディネートをしっかりしない限り、浮くことになりますので注意しましょう。

ゴツい靴

フォーマルなスーツスタイルにカジュアルな靴はNGです

このようなゴツい靴は、革靴の中でも、かなりカジュアル寄りの靴なので避けるべきです。

今回は色ではないので、どの辺が?と思う方もいると思います。

難しいですが、糸に色がはいっていたり、ソールが厚く、横に張り出している物はカジュアル寄りの物が多いです。

靴自体もぼってりしている物に多いです。(例外もあります)

ですが、このような部分って興味がないと、わかりにくいんですよね。

極端な話、靴をみて「お!ジーンズでもいけそうじゃん!」と感じる靴に関しては避けておくのが無難です。

あなたが靴に興味がない場合、興味がないのに、これはカジュアルでもいけそう。

と思えてしまう靴は周りの人も、そう感じる可能性が高いです。

スーツは革靴を合わせておけばOK!

ではなく、革靴の中にもフォーマル用、カジュアル用がある!くらいの認識があるだけでもコーディネート事故は防げます。

以上が避けた方が良いアイテムです。

今回、理解しやすい法則を考えようとしましたが、わかりやすい色に着目しましたが難しかったです。

スーツのコーディネートのNGは人によって差が結構あります。

そして近年、スーツ業界は変化があり、良しとされるコーディネートも増えてきています。

今回は靴の形を考慮していないため、一般の人がみてもNGではない合わせ方という形になりました。

本来はコーディネートに合わせて、革靴の形を変えていくのが一番良いですが、

一般的には色に注意しカジュアルよりな革靴を選択しなければ、ダサいと感じられることはないと個人的に

は考えています。

私が販売員をしていたときに感じた事

ここで少し、販売員時代に感じた事と、辞めた後で感じた事をお話します。

販売員時代、お客様が業界ではNGとされるであろうスーツと靴の組み合わせを選択をしたときに、その旨を説明していました。

しかし、そのまま購入に至るケースが多かったです。

「NGかもしれないけど、こっちの方がちょっと安いし」「どうせ周りの人はわからないよ」と言われる事が多かったです。

当時は、それは流石に…と考えていましたが、友人から聞く話、過去の職場、自分の事を思い出してみると、確かにお客様の言っていた通りだなとアパレル業を離れた後で感じました。

営業をしている友人は「位が高い人の中で、一握りの人は気にしてるけど一般の20代営業で靴の形を気にしている人なんてほとんどいないでしょ」と言っていました。

考えてみると、別の業界で働いていたときに先輩が履いていた靴の色は記憶にあっても、形なんて全く記憶にありません。

やはり興味があり、高級紳士靴を購入する方や業界の関係者でない限り、靴の形でコーディネートに違和感を持つ人は、少ないのかなと感じます。

そこで今回は、興味がない人が見ても違和感に気付いてしまいそうな部分だけをご説明しました。

人によってはスーツは制服です。

制服がプラスにならずともマイナス(ダサい)にならない方が良いかなーと思って書いてみました。




最後に。

ブログを見て頂いている皆様!ありがとうございます。

なかなか文章力に成長がなく、わかりにくい部分もあるかと思いますが、細々と情報発信していきたいと思うので、チラ見してください(笑)