成人式スーツ選び(スーツ以外のアイテム編)

2019年11月25日

成人式のアイテム(スーツ以外)

今回はスーツ以外のアイテムをご紹介します。

ネクタイに関してはスーツ編で触れたので、シャツ、ベルト、シューズ、カバンに関してです。

シャツ

まずはシャツからです。

色柄に関しては、基本的にはコーディネートに合った物を選びましょう。

綿100%

綿100%の商品を選びましょう。

近年はノーアイロンシャツなどがビジネスでは主流になっていますが、ポリエステル100%の商品がほとんどです。

独特のキラキラした素材感が出てしまうため、スポーティーなスーツに合わせるのであれば問題ないですが、成人式用のスーツに合わせると少し違和感があるので、綿100%をお勧めします。

織りにもよりますが、自然な光沢感が出るので上品に仕上がります。

襟型

襟型は、こだわりがなければ

ワイドカラーやセミワイドカラー、近年のトレンドも取り入れるならタブカラーやピンホールカラーといったワイシャツがお勧めです。

どの襟型もフォーマル寄りの襟型となるので使用に問題はありません。

タブカラー、ピンホールカラーはネクタイが持ち上がり立体的に見えるような造りになっているので、Vゾーンをドレッシーに演出してくれる襟型です。

下の写真がタブカラーシャツです。

結婚式などでも利用可能できるので、成人式後も利用できるシーンがあるかもしれません。

近年はクラシックの流れがあり、最近ではテレビドラマなどでもタブカラーを着用している芸能人を見ますね。

個人的には、成人式にはもってこいの襟型かなと思います。

ベルト

ベルトは基本的にシューズの色に合わせます。

フォーマルスタイルではシンプルなバックルのベルトを選ぶようにしましょう。

ブランドのロゴで作られたベルトは、特定のコーディネートでない限り、悪目立ちしてしまいコーディネートを崩してしまうため着用を避けましょう。

シューズ

スーツのコーディネートに合わせて選ぶようにしましょう。

あまり主張の強い靴を選ぶとコーディネートが崩れる可能性があるので気を付けましょう。

販売員時代に接客の際に、「靴は良い物をと思って、もう選んであるんです!コレを選んだんです!」と見せてくださる方がいましたが、特徴的なデザインの物や特殊な色の靴が多かった記憶があります。

靴は確かに重要です。

だからこそ、あまり冒険したものは選ばず最初は合わせやすい物を選びましょう。

内羽根ストレートチップの黒を選んでおけば間違いないです。

冠婚葬祭、リクルート活動、ビジネスシーンといった全てのシーンで使うことができるのできます。

もし、良い物を買うのであれば、このモデルの高級紳士靴を買うことをお勧めします。

カバン

持っていくなら、クラッチバッグになるでしょう。

ただ、カバンがそもそも必要なのか?という部分ですが、正直必要ありません。

あれば持っていく程度で良いと思います。

当日の持ち物は、スマホ、財布、ハガキ、カメラくらいです。

カメラに関しては、近年であればスマホで事足りるはずなので、あとは増えてもリップクリームといった小物になるでしょう。

ですのでカバンを持つまでもない。という微妙な感じになります(笑)

注意点として、パンツに荷物を入れるのはシルエットが崩れ、せっかくのスーツ姿が台無しになってしまうので避けましょう。

コートのポケット、ジャケットの内ポケットを利用し、財布は要らないものを自宅で抜いて極力薄い状態で持っていくようにしましょう。

もし、荷物でスーツやコートのシルエットに影響を及ぼす場合や、荷物が入らない場合はクラッチバッグを利用しましょう。

フォーマルスタイルにリュックやカジュアルなトートバッグは合わないので、利用することは避けてください。

ちなみに私が接客していた頃は、8割以上の方がカバンは使用しないと仰っていましたね。
私も、成人式では使いませんでした。

最後に。

もう成人式まで2カ月をきっていますね。

1月に入って購入にくる方もいましたが、補正が間に合わない場合があるので、遅くとも年内には行っておいた方が良いかと思います。

オーダー(セミ、パターン)の方はもう少し時間に余裕を持ちましょう。