量産型学生ファッションはダサいのか?

2019年11月25日

量産型ファッションについて

今日はちょっと個人的に思うことについて書いてみます。

最近このような量産型大学生が、どうだという記事を見ました。

今回はそれについて書いてみたいと思います。

量産型学生ファッションとは

簡単にいうと、あるファッションや髪形をしている大学生を指しています。

よく例に挙げられていたのは、白シャツ×黒スキニーや秋冬にチェスターコート×スキニー

靴でいうとドクターマーチン、髪形はマッシュヘアやツーブロックといった感じです。

ただし、これを着ていたら量産型!or量産型ではない。

といった厳密な定義が存在するわけではなく、もう少し緩く、こんな雰囲気でこのアイテムが入っていたら量産型だな。

もっと、言ってしまうと、頻繁にキャンパス内で見かけるファッションといったくくりです。

量産型でいいんです

個人的には、現段階では量産型でも良いんじゃないかと考えています。

正直、仕方ないですよ。

まず、ファッションに興味がある人が少ないので、それ以外の人が洋服を気にしよう!となる原動力はモテたい、友達にダサいと言われたくない。

この部分に行きつく可能性が高いですよね。

だとしたら量産型が正義です。

女性ウケが良い

量産型って聞くとマイナスのイメージだけど女子ウケ良いの?

もちろん全ての人に当てはまるかといえば違いますが、均せば女子ウケは良いでしょう。

極端に言えば、

今の量産型は女子ウケの悪いアイテムを除外し、ベーシックなアイテムで構成されています

それは支持されますよね。

量産型に女性は悪いイメージを持っていない

女性は、そこまで細かくメンズファッションを理解していません

逆にですよ。

今、あなたは明確に量産型女子の例を挙げる事ができますか?

このアイテムはよく見るから量産型候補!といえますか?

もっと言えば好みの服装は?と聞かれて、どう答えますか?

ダサくなければ・・・。スカートが良い!セクシーだから・・・

ワンピースが良い!清楚だから・・・ 

こんなレベルの人もいるんじゃないですか?

つまり、異性のファッションなんて、そこまで理解していません。

もちろん、女性は、男性よりはファッションに興味がある人が多いため、色使いやサイズ感に関してはシビアな部分もあると思います。

このように考えると、女性からすれば量産型なんて、よく見る同世代の服装だなー。程度の物なんですよ。

ダサいはNG、でもやりすぎもダメ。

そりゃよく見る大学生ファッションが均せば支持を集めます。

次世代量産型になれ

次世代量産型になってみよう。

洋服に興味を持つことで量産型の中で、次の量産型になるファッションを、ちょっと早く導入する事が出来れば、やりすぎになる事もなく女子ウケもキープできることになるでしょうね。

あなたのまわりにいる、お洒落さんは、次世代量産型に分類される人も多いはずですよ。

量産型ができるのは今だけ

モテたい、洋服の話で仲間外れになるのが怖いから、量産型にたどり着いたのでしょ?

十分立派です。

量産型になるまで服に興味がなかったのではありませんか?

あとは少しづつアップデートして、誰に見せたいか、どう見られたいかで

自分の好きなスタイルを選んで行けば良いのです。

それまでと違い、少しでも服に興味を持てたならそれで良いと思いますよ。



量産型ファッションを思う存分できるのも今だけなのです。

30代に近づくにつれ、極端なものは取り入れにくくなっていきます。

大学生の間ではワイドパンツなんて一般的なアイテムでしょうが30歳になると見え方が違うのです。

今だから簡単に取り入れられて楽しめるんです。

時代の影響

全ての事が楽になり、購入しやすい環境になった。

何より、ファッションに興味を持つ人が増えたはずです。

10年前は・・・

私は、大学に入学したとき、ダサいと思われたくない!という考えでファッション誌をよく見ていました。

知識がないので、勉強するしかない!と考えましたが分厚いファッションの歴史やカラーコディネートを学ぶというよりは、ファッション誌に掲載されている写真を参考にする程度です。

写真を見ていれば、あとはお店でそれに似た物or同じ物を買えば良いやと考えていたのです。

今はどうでしょう?

2019年、ITの進歩により、ファッション誌がウェブサイトやSNSに変わる事で全てが変わりましたね。

感覚的なところですが、私の時代よりも更に同じ服装をする人が増えています。そりゃそうですよ。これだけ簡単に情報を取得することができて、情報の答えが集中しているのですから。

お店にいても気に入った服があれば良さそうなコーディネートを調べる事ができます。

私の時代でいうと雑誌を見ながら買い物ですかね。さすがにそんな人はいなかったです(笑)

ファッション初心者も買い物が楽になりました

10数年前、セレクトショップに行くのは気が引ける。

俺ダサいし。オタクの俺がファッション誌なんて買えないよ・・・

このような自信がなく踏み出せない人でも、現在であればスマホで写真をみてECサイトで注文すれば良いのです。

仮にショップに行くとした場合、支持されていて敷居の低いユニクロに行けば良いのです。

これでは、皆の服装が似るのは仕方ないですよ

一方で、SNSやウェブサイトが容易に作れる、見る事ができる時代だからこそ、量産型はどうだ!という意見が大きくなっている面もありますよね。

量産型になれなかった人や本当に洋服が好きな人あたりが拡散し、このような状態になっている感じでしょうか。

それが良いとも悪いとも思いません。これもまた時代なのです。

様々な意見に触れることが出来るようになった、この時代は便利です。

あとは選択する力があれば良いのです。

量産型は時代の答え

いつの時代にも量産型ファッションは存在し、その時代の中で優れているから量産されるのです。

敷居も低く、女子ウケも良く、安い。これだけ条件がそろっているのです。

量産型は、ある時代に支持され作りやすいファッションなのです。

また次の世代が新たな量産型を作るはずです。

最後に。

様々な角度からテーマについて考えました。

最後にテーマの答えですね。

この答えを一言にするのは難しいです。

ただ一般的に考えると、上記の内容が理由となりダサくない

これが答えです。

要するに、お洒落大好きな人が見ると、ダサいと感じる人がいるでしょう。

しかしそれ以外の層は、ダサいとまで思う事は少ないはずです。

時代が支持した服装なのですから。



ちなみに、もし量産型を否定し、女子ウケを考えた服装を想定すると・・・

さきほどの、少し早く次の量産型を実装する。

そして、着こなす事が重要で、同じアイテムでもサイズ感で、こなし感や雰囲気が変わるという基本の部分。

ここで差別化をと考えるしかありません。

試しに、知人女性(大学生)に、これならどうか?と聞いてみた。

すると、彼女はこう言いました。

「確かに言葉にしてみるとお洒落な感じって、そういうことなんでしょうけど、結局私も説明できるわけじゃないし、量産型をダサいとまで思わない。私も量産型女子になるし!」

「なんかまとめて大学生ファッションって感じっすね」

「それよりイキってる人の方がダサいです!」

服装の話どっかいってるじゃねーか。

そんなもんですよね(笑)