コツをつかめば簡単!ワンカラーコーディネートとは?

2019年11月25日

簡単にできるワンカラーコーデ

本日も服選びが苦手!ファッションよくわかりません!という方の参考になるような情報をお届けします。

早速ですが・・・

個人的には、ワンカラーはコーディネートに慣れていないときは難しいと感じると思います。

ですがコツをつかむことができれば簡単です!

いつもモノトーンだけど、たまには違うのも・・・とお考えのあなた!

あの人いつもあれじゃない?と思われたくないあなた!(笑)

とりあえずやってみましょう!

ワンカラーコーデとは

そもそも、ワンカラーコーディネートって何?って感じですよね。

様々なウェブサイトに色々な説明が書いてありますが、そこまで覚えてられねーよ。

と思う方もいらっしゃるかと思います。

簡単に言えば1つの色の濃淡で構成されるコーディネートです。


ここに白、黒、グレーを混ぜた構成もワンカラーコーディネートにカテゴライズされます。

靑の場合、水色⇒靑⇒紺
茶の場合、こげ茶⇒茶色⇒ベージュ

統一感が出ることで洗練されたコーディネートに見えるでしょう。

結構簡単ですよね!

ワンカラーコーデの注意点

注意点があります。

全身一色に見えるのは危険

組み合わせた色が近すぎないように注意する。

ここが重要です!

ちょっと離れた場所から見たときに、この上下は微妙に色が違うかな?

くらいの少しの濃淡の違いでは危険だと考えます。

少しの色の差だと遠くから見たときに全身同じ色の服を着ているように見えてしまうからです。

ただし、濃淡の差が少ない洋服を使い、小物やシューズ、服の素材感などで変化をつけることで成立する場合もありますが、慣れないと難しいので、この手法は割愛します。

やりすぎに注意

靴やインナーはモノトーンかコーディネートに使った同系色の物を使用

これは文字通りですが、ポイントとしてやりすぎないことが重要です。

今日はワンカラーでまとめてきたんだ!

というのがわかりすぎるコーディネートはやりすぎ感が出ます。

そこでシューズや小物、インナーにモノトーンを使うと、やりすぎ感を抑える事ができます

まとめ

結論、ワンカラーコーディネートは1色の濃淡+モノトーンが安全!

以上が簡単な説明になります!

ワンカラーコーデに使うおすすめの色!

途中で例として出ているのですが紺と茶です(笑)

この2色は季節感が強い色ですし、夏は靑、冬は茶が多くお店に並ぶので

商品が多く濃淡を調整しやすいためです。

これからは秋冬なので、茶をベースにしたコーディネートに挑戦してみてはいかがでしょうか。

次回はワンカラーと混同されがちなワントーンコーディネートについてです!