メンズファッション 20代~30代モテ服 デート服

2019年11月25日

モテ服、デート服

まずはじめに

本日はゲームはお休みして、元アパレル店員の私がファッションについてお話したいと思います。

まずメンズファッションについて前提として、様々な考え方があると思います。

そのどれもが間違いということはなく個人のセンスによるよね。という話です。

その中で、ファッション関連で仕事をしていた私の個人的な意見を書いていこうかと思います。

私は大学生くらいまでは、革靴は真っ二つになるまで履く

スニーカーは白がグレーになるくらいまで履く

アウターも体系的に変わりがなければ、ずっと着ればよくない?だって防寒具だし・・・

シャツのしわ?動いていれば、いつかつくんだから一緒でしょ!

という考えの持ち主でした。

なのでファッションに興味がない、わからない人の気持ちがすごくわかります!

ですがデートや飲み会や同窓会など良く見られたい場面もでてきますよね。。。

そんな時のためによろしければご覧ください。

何を買えば良いか

結局なに買えばいいの?これからは秋冬ですね

  • ニット(紺、灰色or黒)で丸首のもの(ちょっと最近ぜい肉が気になる方)タートルネックor丸首(細身の方)
  • 太もも周りに少しゆとりのあるテーパードパンツ(灰色or紺でシルエットは太ももから足首にかけて緩やかに細くなっているもの)
  • 極端にトレンドが反映された物(オーバーサイズ)でなければお好みの形の物で大丈夫です。
    この辺で選んでおけば間違いないと思います。

色、シルエットにおいて使いやすくコーディネートをまとめやすい物を選んでいます。

アイテムで劣化していないものを使用しコーディネートを組みましょう。

色やシルエットに関しては別のページで説明しますが、簡単に言うと灰色、グレー、黒のような

モノトーンと言われる色は使いやすく失敗が少ないです。

少しゆとりのあるテーパードパンツに関しては、今販売されている服との相性がよく男性のパンツのシルエットの変化は時間がかかるため、数年使う事ができます。

女性ウケという観点

ファッションは大きくわけてサイズ、色、ブランド背景、トレンド

この要素から成り立っていると考えています。

ただし、これは女性ウケという観点になると変わってきます

結論から言いますと好印象なのかどうか?清潔感はあるのか?相手は?

この3点を注意しておけばなんとかなります。

ですが、好印象や清潔感というのは目に見えないもので判断基準が難しいですよね・・・

では、具体的にどこに気を付けるべきか考えてみましょう。こ注意すべきポイント

  • サイズ感に注意!
  • 汚れはありませんか?
  • 数年前に買ったお気に入りの服着てませんか?
  • トレンドに惑わされない
  • 年相応の雰囲気に仕上げる

サイズ感に注意

まずはサイズ感ですね。

大きいものではなく、かといってピチピチではないもの。

具体的なシルエットとして、ニットであれば、おなか周りに多少のゆとりはあるが

着丈は長すぎない(腰骨が隠れるくらい)


理由としては、業界の流れです。

今現在ピタピタのインナーやアウターは人気が落ちてきています。

2013年あたりは多くありましたが、現在は減少傾向で、スーツに関しても

近年太もも周りは余裕を持ったスラックスが増えています。

尚且つ、通常体形以外の方が間違えたサイズ選びをしてしまうと

余計に体形を強調してしまう可能性があります。

ひとくくりにしていますが、ジャンルによってはもちろんタイトな物もあります。

今回はややこしくなるので割愛します。

これはトレンドに合わせろ!ということではなく

緩やかにシルエットの変化を取り込み、ダサくなるのを避けるという選択です。

汚れはありませんか?

汚れに関してですが、普通に考えて汚れてたら着ないよね・・・

と思うかもしれませんが、その度合いの認識のズレが問題になります。

さすがに、ソースがついていたり明らかな変色があるとこれはやめておこうとなりますが

靴の汚れや変色、シャツやパンツの皺、ニットの毛玉、このあたりは判断が分かれる

きわどいラインなのではないかと考えます。

では、今回は男女での認識の違いについて考えてみます。

でなぜこの認識の違いが生まれるかというと

洋服への興味の強さ、トレンドの移り変わりの早さ、女性向けファストファッションブランドの多さ

が原因であると考えます。


女性は、ファッションに興味がある方が多いです。

それはカフェで話すネタでもあり、遊びに行く=ショッピングをしに行く

という流れが学生の頃からあります。

女性は、試着を申し出る方も多く、何と合わせるかなどを考え楽しんでいます。

対して男性は「いつもMサイズなんでMでいいです!」と試着をするという方が圧倒的に少ないです。

そして一番の原因となるトレンドとレディースショップの多さです。

トレンドは1年ごとに変わり、数多くあるお店の中には自身の好みの商品

好みのサイズ感に、その年のトレンドが加わった商品が存在しており低価格です。

ということは1年ごとに新しいものを買います。

つまり手持ちのアイテムに古いものがなくなっていきます。

そうです、そこなんです。

靴も1シーズンに3足買っても1万円なんて事はざらにあります。

そこに去年のスニーカーを2足加えたとしましょう。

5足もあればワンシーズンでボロボロになることはありません。

インナーや他のアイテムにも同じことがいえます。

つまり、日々身に着けているものは比較的新しいものであることが多く目がそれに慣れてしまっている。

ということです。

何年か前の服着ていませんか?

特定のジャンルの商品を除けば、服の寿命は3年くらいとお考えください。

洋服は年毎に微妙にサイズ感やシルエットは変化します。

これは皆さまも経験があるかと思いますが、いざ試着してみると想像とだいぶ違うことってありますよね。

あれは、数年前の服に新しいものを合わせた事により、シルエットの違いによって生じる

違和感であることが多いです。

(例)タイトなVネックのTシャツに大きめのチェックのシャツを羽織りワイドパンツを履くコーディネート

それぞれトレンドになった、もしくは今なっているアイテムですが、これを想像してみてください。

結構ヤバいです。

Tシャツがゆったりとした丸首のTシャツであればどうでしょう?

雑誌で見るようなお洒落なスタイルになります。

もし過去に買った服が極端なシルエット(太すぎる、細すぎるなど)をしている場合

新しい服に合わせるとミスマッチになる可能性があります。

トレンドに注意

トレンドに惑わされてはいけません。

トレンドは一時的なものです。

その年を象徴するような物は2年も経てば今度は古い象徴になってしまう可能性があります

例をあげると、あれだけ数年前流行したMA-1も今見ると古くない?

ですのでトレンドすぎるものは避けましょう。

もちろんトレンドになった物が好みであれば問題はありませんが

30代が大学生の間で流行しているアイテムを,そのまま取り入れたら

若作りに見えてしまって恥ずかしい・・・といった後悔のないように気を付けてください。

年相応の服装

年相応の雰囲気に仕上げましょう。

20代であれば若々しいファッションもありですが30代になってくると

体形が美しくキープされていない限り、着こなすのは難しくなっていきます。

具体的に話していくと長くなるので簡単に。1例だけあげます。

【パーカーに綿パンツにスニーカー】

この組み合わせは意図を持って着ない限り子供っぽく見えるので

年齢とのギャップでダサくみえます。

以上が注意すべきポイントになります。

上記に着目し選べば好印象、清潔感に繋がると考えています。

相手は、あなたにとってどんな人物なのか

3つめの部分ですね。

相手は、あなたにとってどんな人?ここも重要になります。

服装を見られる相手はあなたにとってどんな相手ですか?

洋服は自分を表現するものでもありますが、相手に自分の気持ちを表すものでもあります。

考えてみてください。

待ち合わせ場所に到着し女性がヨレヨレの服で全然気合の入っていないメイクで現れたとき

テンション上がりますか?

私なら、あれ?楽しみって言ってたのにもしかして脈なし?と考えてしまうかもしれません。

新品の服を全身着て綺麗な靴を履いていくのは気合入りすぎじゃ?

と考え、恥ずかしくなるかもしれません。

ですが汚れた靴にヨレた服を着て来られるより新品の方が普通に考えて嬉しいでしょうし

あなたの気持ちも伝わると思います。

もしデートなのであれば、古い服ではなく、デートのために洋服を買いに行っても

良いのではないでしょうか。

最後に

今回は女性ウケという観点で書いてみましたが、なかなか難しいですね。

結局、清潔感、好印象となると、マイナスポイントをいかになくしていくかが重要になってくる!

という感じでしょうか。


最初にオススメした洋服はマイナスポイントを減らすのに有効なチョイスですので

ぜひ試してみてください。

ついでに、知人女性数名に話を聞く中で出てきたマイナスポイントを紹介します。

  • 色数多すぎ
  • 毛玉つきすぎ
  • パンツの裾長すぎ
  • シャツのボタン空きすぎ
  • サイズ感がなんか変
  • 靴とんがりすぎ

このような意見が多かった気がします。それって人によるんじゃ・・・?というものもありますね・・・きびしいですね!(笑)